お問い合わせはこちら

東北環境
パートナーシップオフィス

OPEN/月~金 9:30~18:00
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-2-23
仙台第2合同庁舎1F
=オフィスが移転しました=
> アクセス

TEL 022-290-7179
FAX 022-290-7181
E-mail info@epo-tohoku.jp

お知らせ

お知らせ

やまがた自然エネルギー学校2017

2017.09.05 11:44

太陽光、風力発電、バイオマスなど色々な自然エネルギー、
省エネのことを学んでみよう。
 
自然エネルギーには様々なものがあります。
また、地域に適したものを選んでいく必要があります。
個人の住宅で使う自然エネルギーから、メガーソーラーや風力発電といった大きなものもあります。
大きなものでも市民や地域が共同でつくる発電所もあります。
そして自然エネルギーによる電気を選んで買うという方法も去年から可能になりました。
こうした多様な側面を持つ自然エネルギーを総合的に学び、
山形で実践していくためのプログラムを組んだのが「やまがた自然エネルギー学校」です。
県外で活躍する第一線の講師を招くとともに、県内各地域に即した自然エネルギーの利用方法を学び
具体的に導入方策を参加者とともに考えていきます。

第3回
 10月21日(土)13:30〜16:00
新庄会場(詳細は後日決定)
●バイオマスによる地域のエネルギー転換
ー世界のエネルギー動向を見据えてー
森林のエネルギー利用は暖房から発電まで様々です。地域のエネルギー転換はどのような方法が良いのか、世界のエネルギー動向を見ながら学びます。
講師:相川高信氏(自然エネルギー財団)

第4回
11月25日(土)13:30〜16:00
鶴岡協働の家・こぴあ
●風力発電の内発的発展
再生可能エネルギーとして重要な風力発電も、日本では地域外資本による開発で地域から反対を受ける場合も増えています。地域に資する風力発電の内発的発展とはどのようなものか学びます。
講師:西城戸誠氏(法政大学 人間環境学部教授)
 
第5回
12月9日(土)13:30〜16:00
新庄会場(詳細は後日決定)
●地域で取り組む小水力発電
安定した電力として期待される小水力発電。そして、河川や水路は地域と密接な関係を持っています。小水力発電の先進地富山県では、地域がどのように取り組んできたか学びます。
講師:上坂博亨氏(富山国際大学教授、富山県小水力利用推進協議会会長)
 
第6回
2018年3月未定 13:30〜16:00
山形会場・鶴岡会場(詳細は後日決定)
●家庭も選べる新しい電気
家庭でも電力会社を選べるようになって1年を経過し、山形県内でも選べる電力会社が増えてきました。来年度より電力の販売を開始する地球クラブの取り組みについて学びます。
講師:髙橋怜一氏(地球クラブ)
 
■参加費:無料
■申し込み方法:メールまたはFAXにて氏名、連絡先を記入の上、第○回自然エネルギー学校参加希望と書いてお送りください。
メール:info@yamaene.net
FAX:0237-48-2298
 
■問い合わせ先:やまがた自然エネルギーネットワーク事務局
東根市大字羽入2115-4 (株)シオン内
TEL:0237-48-2297 FAX:0237-48-2298
Mail:info@yamaene.net