お問い合わせはこちら

東北環境
パートナーシップオフィス

OPEN/月~金 9:30~18:00
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-2-23
仙台第2合同庁舎1F
=オフィスが移転しました=
> アクセス

TEL 022-290-7179
FAX 022-290-7181
E-mail info@epo-tohoku.jp

お知らせ

お知らせ

2014年度及び2015年度の地球温暖化対策及び施策の進捗状況について

2017.09.07 13:48

8月31日に、「地球温暖化対策推進本部」を持ち回りにより開催し、「2014年度及び2015年度の地球温暖化対策及び施策の進捗状況」を取りまとめました。
 
1.今回の点検について
 「当面の地球温暖化対策に関する方針」(平成25年3月15日地球温暖化対策推進本部決定。以下「当面の方針」という。)では、「地球温暖化対策を切れ目なく推進する必要性に鑑み、新たな地球温暖化対策計画の策定に至るまでの間においても、地方公共団体、事業者及び国民には、それぞれの取組状況を踏まえ、京都議定書目標達成計画に掲げられたものと同等以上の取組を推進することを求めることとし、政府は、地方公共団体、事業者及び国民による取組を引き続き支援することで取組の加速を図ることとする。」としています。本点検は、当面の方針に基づき、2014年度及び2015年度において実施された地球温暖化対策・施策の進捗状況を確認するために実施し、地球温暖化対策推進本部として取りまとめるものです。
 なお、今後の地球温暖化対策・施策については、地球温暖化対策計画(平成28 年5月13 日閣議決定)に基づき、進捗状況の点検を行いながら推進していくこととしています。本点検の対象年度は、地球温暖化対策計画の策定前のものですが、同計画に掲げられた対策・施策を推進するに当たっては、2014 年度及び2015 年度における同計画の対策評価指標等の状況を把握することが有効であることを勘案し、同計画に掲げられた対策・施策を対象として点検を行うこととしました。
 
2.我が国の2014年度及び2015年度における温室効果ガスの総排出量
 我が国の温室効果ガスの総排出量は、2014年度は約13億6,400万トン(二酸化炭素換算。以下同じ。)であり、2013年度比で3.1%減少、2005年度比で2.4%減少しました。2015年度は約13億2,500万トンであり、2013年度比で5.9%減少、2005年度比で5.2%減少しました。
 2014年度及び2015年度の排出量がそれぞれの前年度の排出量と比べて減少した要因としては、電力消費量の減少(省エネ、冷夏・暖冬等)や電力の排出原単位の改善(再生可能エネルギーの導入拡大や原発の再稼働等)に伴う電力由来のCO2排出量の減少により、エネルギー起源のCO2排出量が減少したことなどが挙げられます。