お問い合わせはこちら

東北環境
パートナーシップオフィス

OPEN/月~金 9:30~18:00
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-2-23
仙台第2合同庁舎1F
=オフィスが移転しました=
> アクセス

TEL 022-290-7179
FAX 022-290-7181
E-mail info@epo-tohoku.jp

お知らせ

お知らせ

「名古屋議定書暫定国別報告書(案)」に関する意見の募集(パブリックコメント)について

2017.09.07 13:53

 名古屋議定書第1回締約国会合(COP-MOP1)の決定及び名古屋議定書第29条に基づき締約国が作成することとされている「名古屋議定書暫定国別報告書(案)」について、原案を作成し取りまとめました。
 本案について、広く国民の皆様からのご意見を伺うため、9月4日(月)から10月3日(火)までの間、意見募集を実施いたします。
 
■背景及び意見募集
 2010年10月に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議において「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書」(以下「議定書」という。)が採択され、2012年10月に発効しました。我が国は、議定書を本年5月に締結し、8月に我が国について発効しました。
 暫定国別報告書は、各締約国が名古屋議定書の規定をどのように実施しているかを調査するものです。暫定国別報告書の様式は、2012年に開催された名古屋議定書COP-MOP1において決定されました。各締約国は2017年11月1日までに、生物多様性条約事務局に暫定国別報告書を提出することが求められています。
 今般、名古屋議定書に関係する外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省及び経済産業省の協力を得て環境省において、「名古屋議定書暫定国別報告書(案)」について取りまとめましたので、広く国民の皆様からの御意見を募集します。
 
■意見募集期間
 平成29年9月4日(月)~平成29年10月3日(火)必着
 
詳細はこちらをご覧ください。(外部リンク)