お問い合わせはこちら

東北環境
パートナーシップオフィス

OPEN/月~金 9:30~18:00
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-2-23
仙台第2合同庁舎1F
=オフィスが移転しました=
> アクセス

TEL 022-290-7179
FAX 022-290-7181
E-mail info@epo-tohoku.jp

お知らせ

お知らせ

平成29年度環境技術実証事業(閉鎖性海域における水環境改善技術分野)勉強会の開催について(9/19青森県むつ市)

2017.09.07 13:58

 環境省では、有用性がある「先進的環境技術」の評価試験を行い、その効果を客観的なデータとして実証する「環境技術実証事業」を実施しています。
 この度、閉鎖性海域における水環境の改善技術について理解を深め、「環境技術実証事業」を広く知っていただくため、平成29年9月19日に青森県むつ市で勉強会を開催します。
 
1.開催趣旨
 環境省では、既に適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証する「環境技術実証事業」を実施しています。
 このうち、閉鎖性海域における水環境改善技術の更なる普及を図るためには、閉鎖性海域における水環境の課題や技術について理解を深め、「環境技術実証事業」を広く知っていただくことが重要です。
 そのため、専門家や技術開発者等から水環境改善技術の事例を紹介するとともに、広く意見交換を行う勉強会を開催します。
 
2.開催日時
平成29年9月19日(火)15:30~18:00 
 
3.開催場所
青森県むつ市本町1-4
ホテルニューグリーン2階
 
4.定員
40名(先着順)
 
5.参加費
無料
 
6.内容(予定)
(1)閉鎖性海域における水環境保全について(環境省閉鎖性海域対策室)
(2)微生物の視点から沿岸環境の修復・保全を考える(公立鳥取環境大学教授吉永郁生)
(3)底質の汚濁と修復(広島大学教授西嶋渉)
(4)微細気泡による沿岸水産種の汚染浄化に関する技術開発
-東日本大震災時の東北沿岸の重油流出を受けて-(熊本大学准教授中田晴彦)
(5)アサリ資源回復のための砕石漁場造成について
(国立研究開発法人水産・教育機構水産工学研究所水産土木工学部桑原久実)
(6)「セラクリーン」による環境改善技術(太平洋セメント株式会社)
(7)総合討論 干潟の環境改善の課題と展望(座長:東北大学教授西村修)
 
7.公開に関する取扱い
(1)勉強会の参加を希望される方は、電子メール又はFAXにてお申込みください。
(2)取材を希望される報道関係者につきましては、平成29年9月13日(水)17時までに事前登録を行ってください。また、カメラ撮りを希望される場合、その旨も併せて御登録をお願いします。(カメラ撮りは冒頭のみとさせていただきます。)
(3)傍聴希望者及び報道関係者の方は、3.開催場所へ直接お越しください。