東北の環境パートナーシップを応援します。

お知らせ

お知らせ

【農林水産省】みどりの食料システム戦略の策定について

2021.05.19 09:50

  農林水産省は、本日「みどりの食料システム戦略~食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現~」を策定しましたのでお知らせします。
 
1.趣旨
我が国の食料・農林水産業は、気候変動やこれに伴う大規模自然災害、生産者の高齢化や減少等の生産基盤の脆弱化、新型コロナを契機とした生産・消費の変化への対応など大変厳しい課題に直面しています。一方、様々な産業で、SDGsや環境への対応が重視されるようになり、我が国の食料・農林水産業においても的確に対応していく必要があること、また、国際的な議論の中で、我が国としてもアジアモンスーン地域の立場から、新しい食料システムを提案していく必要があることから、農林水産業や地域の将来も見据えた持続可能な食料システムの構築が急務の課題となっています。
このため、農林水産省は、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現するため、本日「みどりの食料システム戦略~食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現~」を策定しました。
 
2.「みどりの食料システム戦略」の概要
「みどりの食料システム戦略」では、2050年までに目指す姿として、
農林水産業のCO2ゼロエミッション化の実現
化学農薬の使用量をリスク換算で50%低減
化学肥料の使用量を30%低減
耕地面積に占める有機農業の取組面積を25%、100万haに拡大
2030年までに持続可能性に配慮した輸入原材料調達の実現
エリートツリー等を林業用苗木の9割以上に拡大
ニホンウナギ、クロマグロ等の養殖において人工種苗比率100%を実現 等
の目標を掲げました。
これらの目標の実現に向けて、調達から生産、加工・流通、消費における関係者の意欲的な取組を引き出すとともに、革新的な技術・生産体系の開発と社会実装に取り組んでいくこととしています。
「みどりの食料システム戦略」及び関連資料は農林水産省ウェブサイト(https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/team1.html)からご覧いただけます。
 
お問合せ先
大臣官房政策課環境政策室
担当者:永田、与那覇、長田、大谷
代表:03-3502-8111(内線3292)
ダイヤルイン:03-3502-8056
FAX番号:03-3591-6640