東北の環境パートナーシップを応援します。

お知らせ

お知らせ

【農林水産省】「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーターの募集

2021.05.26 10:27

国連では、2021(令和3)年を「国際果実野菜年2021」と定めており、農林水産省においても、「国際果実野菜年2021」の取組のひとつとして、オフィシャルサポーターを募集します。
 
1.趣旨
2021(令和3)年は、果実と野菜の摂取による栄養と健康上の利点等に対する世界的な認識を高めることを目的として、国連が定めた国際果実野菜年です。
農林水産省においても、この機会を捉え、果実や野菜を毎日の食生活に取り入れることの重要性等を、企業、団体等の多様な関係者(以下「企業等」という。)とともに国内へ幅広く周知するため、「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーター制度を創設します。
今回、そのオフィシャルサポーターを募集することといたします。
 
2.実施内容
農林水産省は、オフィシャルサポーターを認定し、サポーターが実施した取組を農林水産省ホームページ等で紹介します。
オフィシャルサポーターとして認定された企業等に、次のいずれかの取組を実施いただきます。
(1)企業等のホームページ、SNS、広報誌、ポスター等への情報掲載
(2)果実・野菜に関する広報資料の配布・掲示、アナウンス等
(3)各種イベント、セミナー、学会、講座、研修等での紹介
(4)その他、果実や野菜に関する栄養・機能性成分、健康的な食生活、食品ロス削減を考慮した食料システム、持続可能な生産技術等について周知する活動
 
3.オフィシャルサポーターの申請
申請様式:オフィシャルサポーターの申請に当たっては、上記「2.実施内容」に記載する取組の案を下添「オフィシャルサポーター申請書」に記入の上、下記提出先E-mailアドレスに御提出ください。
提出先:iyfv_2021@maff.go.jp
期間:2021年5月20日~12月10日
「「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーター制度実施規約」に基づき、農林水産省がオフィシャルサポーターとして認定します。
詳細は、下添「「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーター制度実施規約」を御覧ください。
 
参考
農林水産省「国際果実野菜年2021」公式HP:https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/iyfv.html
 
<添付資料>

お問合せ先
生産局園芸作物課流通加工対策室
担当者:野島、髙畑、廣瀬
代表:03-3502-8111(内線4791)
ダイヤルイン:03-3502-5958
FAX番号:03-3502-0889